土地利用・許認可手続

宅地造成をする場合や保有している農地をほかの土地に利用する場合は、行政により開発許可や農地転用の許認可などを受けなければいけません。
こういった許可を取るためにはさまざまな手続きを取る必要があり、とても手間のかかる作業になります。

当社は許認可手続きの実績も豊富にあり、スムーズに進めていく方法を把握しています。土地活用を検討される場合はぜひご相談ください。

建物建築による土地利用・許可

土地の有効利用として、建物を建築する場合が非常に多いです。
建物建築には各種法令の規制があります。市街化区域における土地造成行為を伴う建物の建築や、市街化調整区域における建物の建築には、複雑多岐に渡る許認可手続きが必要です。

各種の許認可手続きの法律上・技術上の精査と適切な役所協議を行い、丁寧な判断を加えながら進めていきます。

こんなお悩みありませんか?

  • 土地を売りたい
  • 賃貸経営がしたい
  • 駐車場経営をはじめたい
  • 建物を建て替えたい
  • 不動産取引について漠然とした疑問がある
  • 税金についてしりたい
初回相談無料
まずは一度ご相談ください。

お電話でのお問合せ

受付 平日9:00~18:00

メールでのお問合せ

メールフォームはこちら >
農地の許可等について

農地の転用には注意が必要

農地は地域や国民の非常に貴重な資源です。農地をさまざまに利用(売買や転用)するため、権利関係や利用関係を地域との調和の中で調整し、食糧供給の安定性を目指すことが農地法の趣旨であります。

つまり農地は、売る・貸す・別の用途に転用する・嵩上げ盛土をするなどを勝手にしてはいけないのです。 特に、農業振興地域農用地に指定されている場合は、注意しなければなりません。

農地に建物を建てたり駐車場にしたりする場合や、農地を農地のまま売却または賃借したりする場合には、自分の農地であっても他人(親族含む)の農地であっても、農地転用の許可や届け出が必要となります。

こんなお悩みありませんか?

  • 突然の相続で農地を持つことになったが、 農業はしたくない (できない)
  • 宅地化してアパートや賃貸マンションを経営するのは入居不安がある
  • 営農のノウハウがないので、何もせず荒れたまま放置している
  • 使わない農地に固定資産税を払い続けるのはもったいない
  • 農地だが宅地並み課税の地域なので、固定資産税の負担が大きい
  • 最適な土地活用法があっても、手続きに手間をかけるのは面倒だ
初回相談無料
まずは一度ご相談ください。

お電話でのお問合せ

受付 平日9:00~18:00

メールでのお問合せ

メールフォームはこちら >
サービス一覧
  • 相続・承継

    相続一般相談
    遺産分割協議書の作成
    遺言書の作成支援
    エンディングノートの作成支援
    各専門家への橋渡し

  • 土地利用・許可手続

    農地転用手続き
    開発許可手続き
    雨水浸透阻害行為許可手続き
    砂防法、宅地造成等規制法許可手続き
    道路工事承認手続き
    道路占用許可手続き
    土地改良法手続き

  • 不動産登記・測量

    土地の現況高低測量
    境界確定測量
    分筆登記
    地積更正登記
    地目変更登記
    建物表題登記
    床面積変更登記
    建物滅失登記

PAGE TOP