相続の相談の流れ

愛知県春日井・高蔵寺の鈴木行政書士事務所です。

(相続)

突然死が訪れ,相続が発生した場合,家族親族中がバタバタすることでしょう。

7日以内に,死亡届を出し,火葬許可証をもらわなければならない。

14日以内に,世帯主変更届や健康保険等の資格喪失届を行わなければならない。

そして,3カ月以内に,限定承認や相続放棄,単純承認のいずれかを選択しなければならない。

これらが一通り落ち着いた時,様々な手続を進めていくことになろうかと思います。

4カ月以内には準確定申告をしなければならい。

10カ月以内には相続税の申告をしなければならない。

様々な手続って何?

(名義変更)

一番には,財産の名義変更が頭に浮かぶかと思います。

不動産・・・不動産の所有権移転登記(相続登記)

銀行や株式・証券,自動車・・・名義変更の手続

その他財産があれば,それぞれの手続

(遺産分割協議)

名義を変更するには,誰が相続するのかを決定しなければなりません。

相続人全員(法定相続分)で,相続する手もありますし,単独で個別に相続する手も。

いずれにせよ,相続人皆で話し合って,相続する人を決めないと話が進みません。

(相談する士業)

そこで相続手続について,相談する専門家は,主には3つ。弁護士,司法書士,そして行政書士。

弁護士は,特に争いがある時にはここしかありません。

争いがなく,不動産があれば,不動産登記のできる司法書士へ,

そうでもない場合,全般的に細々と動くことのできる行政書士も。

相談する専門職も3種類あり,その中でたくさん専門家はいますので,相性の合いそうな人を選ぶのかよいのではないでしょうか。

我々行政書士を選択していただくことを心よりお祈り申し上げます

愛知県春日井の鈴木行政書士事務所SUZUKI R&Dでは、相続・土地許認可・測量登記の手続きのご相談をお受けしています。

土地等資産の承継・相続、建築許可、農地転用、その他土地の測量・境界・登記などに関わる様々な一連の手続をお引き受けし「迅速・的確・丁寧」なサービスをご提供いたします。

まずは一度ご相談ください。

行政書士・土地家屋調査士 鈴木良剛