ニュース

相続後の農地の無断転用

愛知県春日井・高蔵寺の鈴木行政書士事務所です。

先日,相続が発生した方から,次のようなご相談を受けました。

親の相続をしたのだが,登記簿では農地となっている土地が,現在駐車場のように利用されていて,役所からそれなりの指摘があってどうしてよいか分からない。

といった内容でした。

ご相談の通りだとすれば,ずばり,農地法上の「無断転用(違法転用)」でしょう。

また,不動産登記法上も地目変更登記の義務を果たしていないことになっちゃいます。

また,ちょっとしたコンテナみたいなものも置いてあるようです。市街化調整区域に相当する区域であれば,都市計画法に違反する可能性もあるでしょう。

土地の利用の仕方には規制があり,なんでもかんでもできるものではないので仕方ない。

ただ,違反違反といっても,修正すればよいので,違法状態を解消するため専門家とじっくりと作戦を立てて直していくことをお勧めします。違法状態を子孫へ引き継がないように。

今回の相談案件では修正する方向こととなりましたが,どうできるかは関係各所と慎重に詰めていく必要があります。

乞うご期待。

 

愛知県春日井・高蔵寺の鈴木行政書士事務所では、相続・農地転用・測量,登記等の関連手続きのご相談をお受けし,「迅速・的確・丁寧」なサービスをご提供いたします。

まずは一度ご相談ください。

行政書士・土地家屋調査士・測量士 鈴木良剛

アーカイブ
PAGE TOP